本文へスキップ


特別非営利活動法人 日越堺友好協会

お知らせinfomation

ベトナム ビンディン省 副知事が来日 経済協力を強化 交流 言語を通して関係強化

 
両国の経済交流について意見交換が行われました。

1月16日、ベトナム ビンディン省のチャン・ティ・トゥ・ハ副知事と農業農村開発部ファン・チョン・ホ部長が水産事業など経済推進のため来日、特定非営利活動法人 日越堺友好協会、大起水産鰍はじめとする関係団体と経済交流会議がベトナム総領事館(堺区)で開かれました。  ビンディン省と経済交流を進める、潟Rーナン商事、潟Tニコン、日本語教育に取り組む文林学院の関係者などが出席した。  日越堺友好協会の名誉会長を務めるベトナム総領事館 チャン・ドゥク・ビン総領事が「日本とベトナムがさらに力を合わせて経済事業に取り組み、大きな成功につながるように協力をお願いしたい」と挨拶、日越堺友好協会の加藤均理事長は「協会として取り組んでいる水産業・マグロ漁業発展事業も確実に進んでおり、昨年8月にはベトナムで捕獲された天然キハダマグロが日本に輸出され競りにかけられました。引き続き今年も両国の経済交流が今まで以上に活発化すると確信しています」と話し、ハ副知事は「ベトナムの漁獲法には改善点が多くある。日本の技術や知識を学び、1日も早く高品質なマグロを輸出できるよう努力したい」と語った。  会議では水産事業だけにとどまらず、エネルギー、木炭、水質向上、日本語教育など幅広い分野にわたって意見交換が行われた。  コーナン商事鰍焜xトナムの商品をビンディン省から輸入することが計画されており、出席各社は具体的な商談のため、今月、同省を訪問する。 

contents

日越堺友好協会

〒500-0948
堺市堺区戎之町西1丁1番30号
TEL 072-222-0001

copyright 2012 J-VFAS all rights reserved.